サイトマップ
お知らせ、メモ
案内板
うちのヘッドライン
 




トップ  >  国土基本図図郭発生プラグイン

国土基本図図郭発生プラグイン

QGISのメモリプロバイダのサンプルとして作成したプラグインです。

国土基本図の図郭をマップキャンバスの範囲を網羅する分だけ発生させます。 現在サポートしている縮尺は2,500分の1と5,000分の1です。

使用法

BaseMapFrameアイコン
プラグインのアイコン


何かデータを読み込んだ状態で本プラグインのボタンを押すと、以下のダイアログが表示されます。

BaseMapFrameダイアログ
選択ダイアログ

発生させる図郭の縮尺と、対応する平面直角座標系を指定し、[OK]ボタンを押すと、 下図のように国土基本図の図郭と図名のレイヤーを作成します。

二次メッシュを選択した場合は座標系を指定する必要はありません。

図郭発生結果
実行結果

レイヤーはメモリレイヤーなので、QGISを終了すると消滅します。

図郭の座標ははマップキャンバスの空間参照を元に作成されるので、 表示しているデータとキャンバスの空間参照が異なる場合は正しい結果を得ることができません。 空間参照が定義されていないデータをキャンバスに読み込んだときは注意してください。

今後のアップデート

なぜかPythonからQgsSimpleFillSymbolLayerV2クラスが見えなかったので、 本プラグインでは回避策として旧レンダラを使用しています。 この点が改善されたら新レンダラに対応したいと思います。

要望があれば、または筆者自身が必要に迫られたら1,000分の1、500分の1、1次メッシュなどにも対応したいと思います。

ダウンロードURL

こちらのページ からダウンロードしてください。

GitHubも公開いたしました。

https://github.com/Arctictern265/BaseMapFrame

更新履歴

2013-06-03
  • 2次メッシュ対応
  • その他内部的な修正
2013-05-03
  • 初版リリース

クリエイティブ・コモンズ・ライセンス
This documents by Yamate,N is licensed under a Creative Commons 表示 - 継承 3.0 非移植 License.
login