サイトマップ
お知らせ、メモ
案内板
うちのヘッドライン
 




トップ  >  ライブラリ豆知識  >  gts豆知識  >  gts: 制約付きdelaunay三角形網の作成

制約付きdelaunay三角形網の作成

通常のdelaunay三角形網では、局所最小角最大化の方針に従って三角形網を作成していきますが、 そこに制約として、必ず三角形の1辺となるように線分を追加することが良くあります。

通常のdelaunay分割
通常ならこう分割される
制約付きdelaunay分割
赤い制約線を入れることで、分割を制御する

これを制約付きdelaunay分割(CDT)と呼びます。

gtsライブラリでもCDTを作成することができます。 付属サンプルのdelaunay.cをみると、通常のdelaunay三角形網を作成し終わった後で、 制約線をsurfaceに追加しているようです。

以下の例は、shapelibを使って点群Shapeファイルと制約線Shapeファイルを読み込み、 CDT網を作成する例です。 この例では制約線のZ値を10、点群のZ値を0として扱っています。

   1: 
   2: #include "gts.h"
   3: #include "shapefil.h"
   4: #include <stdlib.h>
   5: 
   6: static void add_constraint( GtsConstraint *c, GtsSurface *s )
   7: {
   8:   g_assert( gts_delaunay_add_constraint(s, c) == NULL );
   9: }
  10: 
  11: int main( int argc, char *argv[] )
  12: {
  13:   GPtrArray *vertices;
  14:   GtsFifo * edges;
  15:   GSList *list = NULL;
  16:   GtsTriangle *t;
  17:   GtsSurface *surface;
  18:   GtsVertex *v1, *v2, *v3;
  19:   SHPHandle hShp;
  20:   SHPObject *psElem;
  21:   int nShapeType, nEntities, iPartStart = 0, iPartEnd;
  22:   double adfMinBound[4], adfMaxBound[4];
  23:   guint i, j, k, x = 0;
  24: 
  25:   hShp = SHPOpen( argv[1], "r" );
  26:   if ( hShp == NULL )
  27:   {
  28:     exit( 1 );
  29:   }
  30: 
  31:   SHPGetInfo( hShp, &nEntities, &nShapeType, adfMinBound, adfMaxBound );
  32:   if ( nShapeType != SHPT_POINT &&
  33:      nShapeType != SHPT_POINTZ &&
  34:      nShapeType != SHPT_POINTM )
  35:   {
  36:     SHPClose( hShp );
  37:     exit( 1 );
  38:   }
  39: 
  40:   // 頂点配列の作成
  41:   vertices = g_ptr_array_new();
  42: 
  43:   // ファイルからデータを読み込んで頂点配列に追加
  44:   for ( i = 0; i < (guint)nEntities; i++ )
  45:   {
  46:     psElem = SHPReadObject( hShp, i );
  47: 
  48:     for ( j = 0; j < (guint)psElem->nVertices; j++ )
  49:     {
  50:       g_ptr_array_add( vertices,
  51:         gts_vertex_new( gts_vertex_class(),
  52:           psElem->padfX[0], psElem->padfY[0], psElem->padfZ[0] ) );
  53:       x++;
  54:     }
  55: 
  56:     SHPDestroyObject( psElem );
  57:   }
  58: 
  59:   SHPClose( hShp );
  60: 
  61:   // 制約線Shape読み込み
  62:   hShp = SHPOpen( argv[2], "r" );
  63:   if ( hShp == NULL )
  64:   {
  65:     exit( 1 );
  66:   }
  67: 
  68:   edges = gts_fifo_new ();
  69: 
  70:   SHPGetInfo( hShp, &nEntities, &nShapeType, adfMinBound, adfMaxBound );
  71:   if ( nShapeType != SHPT_ARC &&
  72:      nShapeType != SHPT_ARCZ &&
  73:      nShapeType != SHPT_ARCM )
  74:   {
  75:     SHPClose( hShp );
  76:     g_ptr_array_free( vertices, TRUE );
  77:     exit( 1 );
  78:   }
  79: 
  80:   for ( i = 0; i < (guint)nEntities; i++ )
  81:   {
  82:     psElem = SHPReadObject( hShp, i );
  83: 
  84:     for ( j = 0; j < (guint)psElem->nParts; j++ )
  85:     {
  86:       iPartEnd = j != psElem->nParts - 1 ?
  87:         psElem->panPartStart[j+1] - 1 :
  88:         psElem->nVertices;
  89:       
  90:       g_ptr_array_add( vertices,
  91:         gts_vertex_new( gts_vertex_class(),
  92:           psElem->padfX[0], psElem->padfY[0], 10.0 ) );
  93:       x++;
  94:       for ( k = iPartStart+1; k < (guint)iPartEnd; k++ )
  95:       {
  96:         g_ptr_array_add( vertices,
  97:           gts_vertex_new( gts_vertex_class(),
  98:             psElem->padfX[k], psElem->padfY[k], 10.0 ) );
  99:         x++;
 100: 
 101:         gts_fifo_push( edges,
 102:           gts_edge_new( GTS_EDGE_CLASS(gts_constraint_class()),
 103:             (GtsVertex *)g_ptr_array_index(vertices, x-2),
 104:             (GtsVertex *)g_ptr_array_index(vertices, x-1) ) );
 105:       }
 106:     }
 107:   }
 108: 
 109:   SHPClose( hShp );
 110: 
 111:   // 頂点配列をリストにコピー
 112:   for ( i = 0; i < vertices->len; i++ )
 113:     list = g_slist_prepend( list, g_ptr_array_index( vertices, i ) );
 114: 
 115:   // 全頂点を確実に包含する三角形を作成
 116:   t = gts_triangle_enclosing( gts_triangle_class(), list, 100. );
 117:   g_slist_free( list );
 118:   gts_triangle_vertices( t, &v1, &v2, &v3 );
 119: 
 120:   // 包含三角形からGtsSurfaceを作成
 121:   surface = gts_surface_new( gts_surface_class(),
 122:     gts_face_class(),
 123:     gts_edge_class(),
 124:     gts_vertex_class() );
 125: 
 126:   gts_surface_add_face( surface, gts_face_new( gts_face_class(),
 127:                  t->e1, t->e2, t->e3) );
 128: 
 129:   // 包含三角形にファイルの頂点を1つずつ追加
 130:   // 追加された頂点と包含三角形は常にdelaunay分割になっている
 131:   for ( i = 0; i < vertices->len; i++ )
 132:   {
 133:     GtsVertex * vi = (GtsVertex *)g_ptr_array_index (vertices, i);
 134:     GtsVertex * v = gts_delaunay_add_vertex (surface, vi, NULL);
 135: 
 136:     g_assert (v != vi);
 137:     if (v != NULL)
 138:     {
 139:       gts_vertex_replace (vi, v);
 140:     }
 141:   }
 142: 
 143:   // 読み込んだ頂点配列を開放
 144:   g_ptr_array_free( vertices, TRUE );
 145: 
 146:   // 制約線の追加
 147:   gts_fifo_foreach( edges, (GtsFunc)add_constraint, surface );
 148: 
 149:   // 制約線キューの削除
 150:   gts_fifo_destroy( edges );
 151: 
 152:   // 包含三角形の頂点だけを削除
 153:   gts_allow_floating_vertices = TRUE;
 154:   gts_object_destroy (GTS_OBJECT (v1));
 155:   gts_object_destroy (GTS_OBJECT (v2));
 156:   gts_object_destroy (GTS_OBJECT (v3));
 157:   gts_allow_floating_vertices = FALSE;
 158: 
 159:   // 三角形網を書き出し
 160:   gts_surface_write (surface, "test.gts");
 161: 
 162:   gts_object_destroy( GTS_OBJECT( surface ) );
 163: 
 164:   return 0;
 165: }

注意点は大体以下のとおりです。

制約線の登録

制約線は線分として登録します。 したがって、連続線分はそれぞれ線分に分解して1つずつ登録する必要があります。

また、制約線の頂点はdelaunay三角形網を作成する際の頂点群に使用する点データに 含まれているデータである必要があります。 そのため、制約線の登録部分(101〜104行目)はあんなややこしい指定の仕方になっています。

制約線の適用

この例では制約線をキューに溜め込んで、gts_fifo_foreach()関数で適用しています。 この方式の場合は適用関数のポインタを渡す必要があるので、 それ用の関数add_constraint()をわざわざ作っています。 直接gts_delaunay_add_constraint()を使用してもたぶん大丈夫です。

入力データ
入力データ
出力結果
出力結果
横から見たところ
横から見たところ

参考文献


クリエイティブ・コモンズ・ライセンス
This documents by Yamate,N is licensed under a Creative Commons 表示 - 継承 3.0 非移植 License.
login