サイトマップ
お知らせ、メモ
案内板
うちのヘッドライン
 




r.colors

ラスタデータのカラーテーブルを変更します。

Grass 6.3では、GIS Managerでのメニューは2種類あります。

Color tables

[Raster]-[Manage map colors]-[Color tables]のほうは、あらかじめ定義されているカラーテーブルを割り付けたり、 ほかのラスタデータのカラーテーブルをコピーしたり、ルールファイルを指定したりします。

まず、対象とするラスタファイルを指定します。 "Required"タブを開いて、"Name of input raster map"で選択します。



あらかじめ定義されているカラーテーブルを指定する場合は、タブの"Colors"を開いて "Type of color tables"の中から選択します。 ルールファイルを指定する場合は同じタブの"Path to rules file"で選択します。



"Options"タブを開くとあれこれ設定があります。



ほかのラスタデータからカラーテーブルをコピーする場合は"Raster map name from whitch to copy color table" でほかのラスタデータを選択します。

"Enter rules interactively"はWinGRASSでは使えないようです。これはもうひとつのメニューのほうでできます。 そのほかは、、、よくわかりません。

Color rules

[Raster]-[Manage map colors]-[Color tables]のほうは、対話的にカラーテーブルのルールを指定します。



"Raster map"に、対象とするラスタデータを指定します。

カラールールの指定は、ルールファイルと同じ書式で、大体以下のような書式です。


0% black
50% blue
100% white


0 0:0:0
1 0:0:255
2 255:0:0

1番目のカラムはデータの値もしくはカテゴリ番号で、2番目のカラムが色です。 %で指定した場合はデータの値の範囲に対する割合のことのようで、 0%は最低値、100%で最高値を指定したことになります。 両者を混在させることも可能です。 中間の値は両側の色のグラデーションになります。

以下の例は、 テスト用のDEMデータを作るにはで作成したDEMデータにタイガースカラーを設定した例です。




クリエイティブ・コモンズ・ライセンス
This documents by Yamate,N is licensed under a Creative Commons 表示 - 継承 3.0 非移植 License.
login