サイトマップ
お知らせ、メモ
案内板
うちのヘッドライン
 




v.surf.rst

点、または等値線からなるベクタデータから、スプライン補間を用いて表面のラスタデータを作成します。





必須項目はとりあえず以下のところ。


Name of the vector file with input data入力ベクタデータ
Field Value等高線を作成する場合はここに0を指定する
Output surface raster file出力される表面データ名

そのほか、スプライン補間時のパラメータや、斜面方位、曲率データなどの出力、マスク画像を指定できます。

smoothingは表面のスムージング度合いで、0ならば入力点を必ず通ります。 0以外ならば表面がスムージングされ、入力点を通るとは限りません。

tensionは隣接する点の影響度?らしく、高いと付近の点の影響を受けにくいらしい???です。



gis.mでのメニュー

[Raster]-[Interpolate surfaces]-[Regularized spline tension]

クリエイティブ・コモンズ・ライセンス
This documents by Yamate,N is licensed under a Creative Commons 表示 - 継承 3.0 非移植 License.
login