サイトマップ
お知らせ、メモ
案内板
うちのヘッドライン
 




トップ  >  ソフトウェア豆知識  >  QGIS豆知識  >  QGIS API キャンバスクリック時のイベントを処理する

QGIS API キャンバスクリック時のイベントを処理する

例として、マウスをクリックした場所のウィンドウ座標と地理座標を出力してみます。

自作のマップツールクラスを作る

まず、マップツールクラスを自作する必要があります。 なんでこうするかというと、QgsMapCanvasクラスにクリック時に発行されるシグナルがないからです。 ちなみに、マウス移動時に発行されるイベントはあって、xyCoordinatesというシグナルを発行します。

QgsMapToolクラスのコンストラクタはQgsMapCanvasオブジェクトを要求します。 このオブジェクトはQgsMapToolオブジェクトのメンバ変数として格納されます。

MapCanvas上でマウスクリックが発生したら、QgsMapCanvasオブジェクト内では 現在のマップツールオブジェクトのcanvasPressEvent()関数を呼び出します。 (QgsMapCanvas::mousePressEvent()関数内) なので、この自作ツールクラス内で、canvasPressEvent関数をオーバーライドすればいいということになります。

とりあえず以下のようなクラスにしてみます。

class QgsMapToolClick(QgsMapTool):
  def canvasPressEvent(self, event):
    # ウィンドウ座標を出力
    print event.pos()
    # 地理座標を出力
    # 1.0(kore)からはtoMapCoordinats()になってる?
    print self.toMapCoords(event.pos())

MapToolを登録

あとはQGISがデフォルトで実装しているZoomツールなどと同じ要領でイベントを登録します。

class MainWindow(QMainWindow, Ui_MainWindow):

  def __init__(self):
    # ボタン作成、アイコンは本体から拝借
    self.actionClick = QAction(QIcon("icons/mActionIdentify.png"),
                               "MapCoordinate", self.frame)
    
    # ボタンクリックイベントを登録
    self.connect(self.actionClick, SIGNAL("activated()"), self.clicked)
    
    # 自作ツールクラスのオブジェクトを作成
    self.toolClick = QgsMapToolClick(self.canvas)

  def clicked(self):
    # クリック時にマップツールオブジェクトをセット
    # これにより、QgsMapCanvasオブジェクトの現在のツール
    # として上記の自作クラスがセットされる
    self.canvas.setMapTool(self.toolClick)

クリエイティブ・コモンズ・ライセンス
This documents by Yamate,N is licensed under a Creative Commons 表示 - 継承 3.0 非移植 License.
login