サイトマップ
お知らせ、メモ
案内板
うちのヘッドライン
 




トップ  >  ソフトウェア豆知識  >  QGIS豆知識  >  QGIS API 手始め

QGIS API 手始め

QGISのAPIを使ってオリジナルのQGISアプリケーションを作ることができます。 まずはQGISのドキュメントにあるとおりに作って、後でいろいろといじるのが良いかと思います。 C++でもできるらしいですが、とりあえずここではPythonで作ります。

なお、ここではとりあえずQGISのバージョンは0.11を使用しています。

準備

QGISが普通に動いていて、PythonとPyQtがインストールされていれば、 あとは2つの環境変数を設定すればできます。

1つ目はPATHで、QGISがインストールされているディレクトリをPATHに追加します。 インストーラにおまかでインストールしたなら、Windowsなら"C:\Program Files\Quantum GIS"を指定します。

2つ目は同じように"C:\Program Files\Quantum GIS"を指定する新しい環境変数を作成します。 この環境変数は作成するアプリケーション内で使用するものです。 QGISのドキュメントでは"QGISHOME"という名前にしてあります。

最初のアプリケーション

とりあえずQGISのドキュメントにあるとおりにPythonスクリプトを作って、実行してみましょう。 適当なShapeファイルを読み込んで、下のように表示されたらとりあえず完成です。


完成図
完成図

後はこれをベースにゴリゴリいじってオリジナルのものを作っていきましょう!

参考サイト

Quantum GIS BlogのPythonコーナーでは チュートリアルがあったりして、最初のうちは何かと重宝します。

QGIS API Documentationは当然必要になるのですが、 このドキュメントと実際の仕様はかなり違ってきているようです。 ですので、QGISのソースコードを手元に置いておいたほうが良いでしょう。 APIの違いがわかるし、使い方の参考にもなります。 筆者は面倒なのでbuildはせずに見ているだけですが、buildできるならしたほうが良いでしょう。

あとは、Python Library ReferencePyQtクラスリファレンス があれば何とかなるでしょう、たぶん。


クリエイティブ・コモンズ・ライセンス
This documents by Yamate,N is licensed under a Creative Commons 表示 - 継承 3.0 非移植 License.
login