サイトマップ
お知らせ、メモ
案内板
うちのヘッドライン
 




トップ  >  ソフトウェア豆知識  >  QGIS豆知識  >  座標を持たない画像に座標を与えるには(1)

座標を持たない画像に座標を与えるには

画像データに歪み等がなければQGISの0.10から標準搭載されているGeoReferencerプラグインが便利かと思います。 投影法が違うなどの理由で歪みがあるならGRASSを使うしかないでしょう。

QGISのGeoReferencer

準備

ツールバーの下図のボタンを押します。



起動すると次のようなダイアログが表示されます。



この後で、画像座標値を手入力する場合はこのままでもいいでしょう。 座標値をQGISに表示されている画面から取得する場合は[Arrange plugin windows]ボタンを押して、 ウィンドウを整理しておくとよいでしょう。



使い方

まずは対象画像をプラグイン画面に読み込みます。 少しわかりにくいですが、「ラスタファイル:」という項目があり、その右側の下図のボタンを押すと ファイル選択が出来ます。



読み込むとプラグインのもうひとつの画面に画像が表示されます。



座標値をQGIS画面から取得する場合はあらかじめ参照する地図データを読み込んでおきます。

参照点の取得は、まず画像から指定します。 適当に拡大した後、下図のツールボタンを選択して参照したい画像上の点をクリックします。



クリックすると下図のようなダイアログが表示されます。 座標値を直接入力する場合はここで数値を入力し、[了解]ボタンを押します。 座標値をQGIS画面から取得する場合は[from map canvas]ボタンを押します。



[from map canvas]ボタンを押した後、QGIS上の点をクリックするとその点の地上座標が読み込まれます。 それでよければ[了解]ボタンを押します。登録されると数のように点が表示されます。



最低3点以上の参照点を取得した後、[作成]ボタンを押すと画像の位置情報を持つ.wldファイルが作成されます。 また、参照点情報は「ファイル名.points」というファイル名で保存されます。

[Create and load layer]ボタンを押すと、作成と同時にQGIS上に表示されます。



その他

変形種別は”線形”か”ヘルマート”を選択することが出来ます。 ”線形”は縦横それぞれの拡大・縮小と平行移動のみです。 ”ヘルマート”はこれに回転も加わります。

.wldファイルは.tfwファイルと同じフォーマットなので、拡張子を変えても正しく読み込まれます。


クリエイティブ・コモンズ・ライセンス
This documents by Yamate,N is licensed under a Creative Commons 表示 - 継承 3.0 非移植 License.
login