サイトマップ
お知らせ、メモ
案内板
うちのヘッドライン
 




トップ  >  こんなときどうする  >  折れ線トーンカーブを使うには

折れ線トーンカーブを使うには

GimpやPhotoshopにあるトーンカーブはベジェ曲線だけで、 折れ線のトーンカーブは無いようです。 単純な折れ線トーンカーブと同じ効果はレベル補正の画面から得られますが、 複雑な折れ線トーンカーブはやはり適用できません。

どうしても折れ線トーンカーブを使いたい場合は、Ifran Viewプラグインの SmartCurveを使うとよさそうです。

こちらの方の記事 に詳しく使い方が書かれています。

折れ線トーンカーブを編集するには、下図のボタンを押します。

SmartCurve画面

チャンネル別にカーブを適用することもできますし、 折れ線以外のトーンカーブを作成することもできます。

注意点ですが、折れ線ノードをトーンカーブの編集画面よりも外に引っ張ると、 トーンカーブ自体は上の端で止まるのですが、画像には影響が出てしまい、 変換を実行するといずれかの色で塗りつぶされたような箇所が出ることがあります。


クリエイティブ・コモンズ・ライセンス
This documents by Yamate,N is licensed under a Creative Commons 表示 - 継承 3.0 非移植 License.
login