サイトマップ
お知らせ、メモ
案内板
うちのヘッドライン
 




トップ  >  こんなときどうする  >  GeoTIFF、TFWで変形を表現する

GeoTIFF、TFWで変形を表現する

画像そのものを変形せずにGIS上で変形を適用したい場合があります。 その場合はGeoTIFFやTFWでは以下のようにします。

GeoTIFFの場合

ModelTiepointタグとModelPixelScaleタグでは縦横ごとの拡大・縮小しか表現することができません。 変形を表現したい場合はTransMatrixタグを使用します。

例えば、縦・横のピクセル解像度がそれぞれrUrV、平行移動量がdXdY、 画像原点を中心として回転角がθである場合のアフィン変換を表す場合は、 TransMatrixタグの16個の値は以下のようにします。

なおrVは、画像の+方向(下向き)と地図上の+方向(上向き)が逆なので、負の値を指定します。

1rU*cosθ
2-rU*sinθ
30
4dX
5rV*sinθ
6rV*cosθ
70
8dY
90
100
111
120
130
140
150
161


平行移動(300,400)、回転+30°、地上解像度(1m,2m)の時のTransMatrixタグ

listgeo出力
listgeo出力結果

TFWの場合

TFWの書式は以下のとおりですので、アフィン変換ならそのまま表現することができます。

rU*cosθ
rV*sinθ
-rU*sinθ
rV*cosθ
dX
dY

すなわち、アフィン変換を{X=ax+by+c,Y=dx+ey+f}としたときに、上から{a,b,d,e,c,f}と並べていることになります。

このとき、rVは上記のGeoTIFFの場合と同様、負の値を指定します。

平行移動(300,400)、回転+30°、地上解像度(1m,2m)の時のTFW

0.86602540378443864676372317075294
-1.0
-0.5
-1.7320508075688772935274463415059
300
400
表示結果
表示結果(共通)

クリエイティブ・コモンズ・ライセンス
This documents by Yamate,N is licensed under a Creative Commons 表示 - 継承 3.0 非移植 License.
login